トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

表紙

本日、表紙のみ印刷所に先行で入稿。
3色刷ですが、なんだか地味な配色になってしまった…。
なんで、遊び紙は派手に「やまぶき色」で!
(…装丁よりも、まず本文だけど)

タイトルが「テノヒラにタイヨウを」だから、4人で手をつないでるところにしたかったけど 藤代と三上は繋がない方向で。
いや、なんか…ね。
原稿描いてて、三上が藤代にからんでくるパターンが多いから「三藤」だと思われると
まずい。(←背表紙部分だから、特に問題ない)
勝手なこだわり。勝手な妄想 カッテナモーホー…あ、似てる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サークルガイド

オンリーのサークルガイド届きました。
ってか、すごくない?これ

すごくワクワクしてきたー
でも、本を出さないと楽しみも半減だから、がんばねば自分(とりあえず気合い)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あーだこーだ

なんだかんだ言いながらも、少しずつ原稿進めています。
描きたいことは色々あるけど、ありすぎて2人の関係に結論がでない…
付き合ってんのか、付きあってないのか、はっきりしろぃっ!

なんとなく萌えたこと:
会社で去年の新人(ヨッシー)と、今年の新人男子(カンダ)は
同じ課なこともあって仲が良い。
飲み会の時とか、市外に住んでるカンダは新潟駅付近のアパート
借りてるヨッシーによく泊めてもらうらしい。

夕方、荷物を客先に発送しようとしている2人。
送り状を書いてるヨッシー
それを隣に座ってのぞきこむカンダ
(その時点で、ヒジとヒジくっついてます)

カンダ :「●●工場の住所、覚えてんすかー」ニマニマ
ヨッシー:ちょっと拗ねた顔で「…覚えてるよ。あー群馬だろ?確か…前橋の…」
カンダ :「うっわー違う、ちがう!俺が書いてあげますよー何やってんすかぁ」
ってヨッシーが書いてた送り状を横からとって、書き始めたんだけど
…会話の最中、二人の顔の距離 20センチくらい。
で、しかもカンダひっついたまま宅急便の送り状を書き始めた…

ひじ、くっついてるままなんですけど。

その距離に疑問をもてよ、ヨッシー(汗)
ってか、男の子ってそんなにパーソナルスペース狭いのか…?

その前に、まず倉庫で二人が言い争いをしてるのを私は目撃してたんで

「さっきはゴメンネ!えへ★」
「気にしなくていいよ!☆」ばちこーんっ

って きゃいきゃい小突きあってるようにみえてしまったんだなぁ…きっと私。
なんか、ふたりで事務所の片隅”こそこそっ”って感じでやってたしさっ!
(↑気のせいです)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マグカップ

マグカップ買った。
中に「赤い毛糸の糸くず(?)」みたいなプリントがあって、それがポイントの一つ
でもあるんだけど、「あ!ゴミが!」ってちょっと気になる。
台所に置いておいたら、母親も一生懸命とろうとしてたな…

先代が壊れてから、なかなか良いのがなかったけど
これで原稿描きながらコーヒーいっぱいのめる~
(まずは、カタチから入るタイプです)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なぜか

三上に「ドラえもん」ヒゲはねーだろ!?とふと思い、直しました。
ぐるぐるホッペに…(たいして変わらない気がする)
ああーこれで、オンリカタログのプリクラページで浮くんだろーなー(涙)
ハジカチー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オンリーイベント2

で、これがサークルカットにする予定のイラスト。
渋沢x藤代で参加~!
三上x笠井は書きやすいんだけど(あくまで渋沢藤代に比べての話…)
藤代がどーしてもイメージ通りに描けない!
やっぱり、マンガが原作だと、つらいなー似せなきゃだから(泣)
前にやってた有栖川は小説だったから、どうとでも(笑)好きなイメージでやらせてもらえた
けど。

ちょっと嬉しかったこと
スピッツのコンサートの座席が、恐ろしく良かった!
あんなに良い席だと、どうしていいか分からないかも(笑)

でも困ったことに…
オンリーイベントの前日なんだよね…コンサート…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オンリーイベント1

オンリー初参加!
2月10日開催のホイッスルonlyの申込書より。
ってか笛でイベント参加事体が初めて…。どんなもんなんでしょ?
プリクラ…最近とってないなーってか、あんまりアホっぽい(笑)
の撮ったことなかったから格好でアホっぽくしてみました。
サラリーマンの定番・ネクタイハチマキ(いや、実際社会人になってから
見たことないかも…)まあ、とりあえず課題は終わった!
しかし、なぜ三上と笠井…?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2008年2月 »