ゲロンチョリー

090513_2217001_s_2 やっとこ「鴨川ホルモー」見てきた!みんな基本、ありえないことを大真面目にやっていて面白いのに、劇場であんまり笑い声が起きなかったのが不思議でしたー…なぜ?
浜田くんのチョンマゲ姿が一番ありえんww

次は赤壁2!
(おっぱいバレーは…やめときます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤壁!

赤壁!
北京帰りの飛行機で中途半端なところで終わってたのを、やっと見に行ってきました(^O^)/

実は飛行機の中ではレッドクリフと認識していなくて「あーこの映画面白いなぁ…日本帰ったらレンタルできるろっか?」と大ボケかましてたんですが(笑)
だって字幕は英語で、音声中国語だしさ!

いやいや、良かった!公開中の映画で!

なんてーか、三国志は大昔に見たアニメ以来なわけで。
カタカナの名前も覚えられんが、漢字の名前も覚えられず何となく敬遠してたんですけど…だって中国4千年…。

映画は「これから!」ってところでpart2に続くのですが
とにかく、孔明役の金城たけしの身のこなし方とか、常に微笑んでる感じとか…いろいろと萌え。
あと、とにーれおんの色気に…やられた!
なにーあの手の動き!小喬役の人の誘い方も、スクリーンでみてると…なんかエロイ。
あんなに包帯巻くシーンでドキドキするとは(笑)映画館に5人しかいなくて良かったー
しゅうゆ役は当初ユンファの予定で、孔明がトニーだったそうですが…それはそれで見たい気もするけど、
今回の配役で満足です。
主要人物は結構年配の俳優が多い中、孔明役が一人やけに若いんですけど…
孔明の飄々とした感じとか、ちょっと武人とは違う空気とかが現れてて違和感が逆に良いと思いました!

衣装とかも変に煌びやかじゃなくて、布のゴワゴワ感がでてたりで
それぞれの、ちょっとした目の動きとか、ま、とか、一言とかが、良い具合に合わさって常時ドキドキしっぱなしの映画でした(>_<)

あーこんなんみたら、また中国に行きたくなったよ!(またかよ…)
今行きたいのは、四川省の成都、九賽溝(漢字違うかも)方面なんですが、
三国志の舞台はもうちょっと南側?で
どっちも首都北京と違って英語はほぼ通じないらしいので…
なんとか中国語マスターしないと夢のままで終わりそうだ(-_-)

中国語…うーん…話すのはとりあえず筆談で(笑)ヒアリングだけでも何とか…なんとか!うーん…

| | コメント (0) | トラックバック (0)